« パンの木  歴史 | トップページ | ハワイアンファブリックの買い出し »

交野市の七夕祭り

私の実家のある大阪府交野市には、星の町といわれるところです。古くから七夕の伝説が語り継がれています。市には、天の川が流れ、そこに架かる橋は逢合橋(あいあいばし)という名前がついています。地名も、星田、南星台、星の森など、星にちなんだものがたくさんあります。交野市の倉治というところには機物神社といわれる神社があり、そこには、織り姫さまが祭られていて、毎年、7月7日には”七夕祭り”が行われています。小さいときには、毎年、楽しみにしていた行事です。前回日本に帰ったときも、その日にあわせてかえったので、中学のときからの友達のゆみちゃんと、上の子、虎太郎と3人でいってきました。すっごく楽しかった〜。 もともと、七夕伝説は中国のお話だったんですよね、いろんな話がありますが、小学校のときに習ったのは、”中国の天帝の一人娘織り姫は、機織りが上手で、織り姫の織った布を買いに各地からたくさんの人が買いにくるほどだったそう。ある日、年頃になった織り姫をみて天帝は、機織りばっかりしていて、このままでは一生、織り姫は結婚できないのではないか、と、心配して、天の川の対岸にすむ、働き者の彦星を見つけてきて、二人を結ばせたそう。二人は結婚し、幸せに暮らしていたそうです。ところが、幸せな二人は、毎日愛を語り、夢見心地で、織り姫も彦星も、働かなくなり、天帝のいうことにも耳を傾けなくなったそうです。今まで働き者だった二人が全く働かなくなってしまったことに怒った天帝は何度か注意をしますが、全くかわらなかったそう。そこで、天帝は彦星をもとの天の川の対岸に返して二人を引き離しました。でもすごく愛し合っていた二人をかわいそうに思い、年に1度だけ二人が、会うことを許したそうです。二人は、年に一度だけ愛し合えるんです。それが7月7日。七夕なのですね〜。そして、大陸からもたらされた七夕伝説は、古来日本で行われていた「七夕(しちせき)」の農耕祭事と結び付き、やがて長い時を経て「七夕」を「たなばた」と読むようになり、その風習は書道や針仕事の上達、恋愛成就を願うものへと変換して、今に伝わる日本の七夕祭りとなったそうです。 小さい頃は、でみせがほとんどの目的でしたが、お願いごとを短冊に書くのも楽しみでした。ハワイ島の我が家も、ちひろさんの庭にあった、笹をお願いしてもらってきて、今日、子供たちと折り紙で、飾りを作りました。Img_0424恥ずかしいからお願いごとは写さないでとこーちゃんに言われたので、ささと飾り付けの写真を載せておきます。すっかり忘れていた地元のこと、ブログで、日本の皆さんの行事をの事とか、読んでいると、思い出しました。そして、何かしたくなりました。これもブログのおかげ、子供たちも喜んで手伝ってくれました。これからは、毎年の行事になりそうです。 交野市の七夕祭りに行きたい人は__大阪JRの学研都市線、津田駅で下車、南へ約500メートル__機物神社__へ。 いつもクリックありがとうございます。励みになります!ポチッとお願いします。 にほんブログ村 子育てブログへ アロハボイス☆ハワイ
からブログの人気ランキング

|

« パンの木  歴史 | トップページ | ハワイアンファブリックの買い出し »

♥ジャパン」カテゴリの記事

コメント

うちは毎年、飾りつけした笹を奉納しに
行ってます

私も早く願い事書かなくっちゃ

投稿: ねえちゃん♪ | 2008年7月 4日 (金) 15時17分

今年は美空を織物神社の七夕祭りに連れてこうと、はり切ってたのに、突発性発疹になって、行けません。
交野市は七夕伝説があってほんま素敵な町よねでも、そんな詳しいお話知らなかったぁありがとぉ

投稿: mai | 2008年7月 4日 (金) 18時19分

ねえちゃん、そっかー、飾り付けした後は、どうしたらいいのかと思ってた、奉納しにいくんや。それって燃やしてくれるんやったっけ?川に流すんやったけ?

投稿: ようこ | 2008年7月 4日 (金) 18時26分

みくちゃん、発疹?あーかわいそう。せっかくヤノになぁ。交野も、最近はテレビで取り上げられるくらい七夕が有名になってるって聞きました。今度は、その時期に帰りたいなぁ。

投稿: ようこ | 2008年7月 4日 (金) 18時28分

アロハ~!
そうだ~!もう七夕ですね。
こちらにいると忘れてしまいますよ。。
天帝の思いやりも悲劇になっちゃったんですね。
過ぎたるは及ばざるがごとしの教えですね。
ご主人はマウイご出身でしたか~!?
是非是非また、遊びに来てくださいね。
私もハワイ島、一度行きました。
広々して気持ちよかったですよ。

投稿: モリーママ | 2008年7月 5日 (土) 01時36分

ようちゃん
今朝学生寮に戻る途中、機物神社を覗いたらお店が並んでました
昨日のうちに準備されたんやね。
見た瞬間、ようちゃん達のことを思いました

七夕伝説の詳しいことは私も知らなかったので、勉強になったよ
以前、京大の先生から聞いたんですが、交野では昔農業ではなくて馬が飼われていたそうです。
小さい頃は、田んぼばかりですっごい田舎だから昔からそれだけなんだと勝手に思い込んでました。
ようちゃんがこんなに詳しく勉強したのを知って、自分の生まれ育った土地のこと知るのは大切なことだと、改めて思いました

投稿: あるびの | 2008年7月 5日 (土) 16時45分

へ~~っ!!
交野に住んでて、詳しいこと知らなかった。
七夕祭り、旦那と知り合ってから毎年行ってるよ。
もしかして、ようこが帰ってきてた時にも、どこかであってたのかもね☆

投稿: なつみ | 2008年7月 6日 (日) 04時07分

もりーままさん、私もすっかり忘れていましたが、ブログのおかげで思い出しました。四季がないので、あっという間に時間が過ぎていく気がしません?

投稿: ようこ | 2008年7月 7日 (月) 20時09分

ゆみ、ほんと、その節はアリガとね。裕美がとってくれたお祭りの写真がラミネートされててこたろうの本棚のところにおいてあります。魚釣り〜っまた行きたーい、てこたろうはいうんだけど、金魚すくいだってば、、楽しかったね〜。
交野では、馬が飼われてたんや、知らんかった。地元に興味を持つのはいいことよね。

投稿: ようこ | 2008年7月 7日 (月) 20時14分

なっちゃん、ほんと、すれ違ってかもね。昔の先輩とかはちらっと見かけたよ〜。浴衣きてお祭りいきたいなぁ。

投稿: ようこ | 2008年7月 7日 (月) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交野市の七夕祭り:

« パンの木  歴史 | トップページ | ハワイアンファブリックの買い出し »