« マウイキルトショップ | トップページ | すごい取り合い »

ハワイの神話 パンの木をお庭に植えた訳

ブログ村のランキングに参加しています。ハワイアンキルトの文字のところをクリックしていただくと、10ポイントが入りますので、一日1クリックお願いしまーす。ページが移動した時点でポイントが入ってますので、すぐに戻ってきてくださいね〜。にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハワイアンキルトへ

ちひろちゃんからもらったパンの木を、やっと土に植えました。Img_0355 前にも紹介したかもしれませんが、パンの木には、繁栄などの意味があって、ハワイアンキルトもチーフとしては大人気です。

でも、それにまつわるパンの木の神話があるってご存知ですか?

ハワイの神話、伝説を勉強されてとっても詳しく、そして、アロハな心で勉強されたことをネットで紹介されている MOANAさん(モアナさんのブログはこちら 海辺のカフェ日記) の日本語訳を許可を得て、転載させていただきます。

The Gift of Kû (クーの神の贈り物)

偉大な神々は、ときに人間の姿でハワイの島々を歩き回ったものです。
クーの神もやはり同じように、ごく普通の男として、ハワイ島の一人の女性と結婚し、この島に住み、土地を耕し、家族を養っていました。

  数年が立ち、飢饉が訪れました。  
海から山まで島中の人々が飢えと病気に苦しんでいました。
クーの子供達も食べ物を乞い、子供たちの母親はすすり泣きました。
「子供たちの食べ物を持ってこようか。」夫は言いました。「でも、きっと長い、長い旅になるだろう」

「戻ってくるのでしょう?」彼女は不安げに彼に尋ねました。
「もしも出かけたら、二度とは戻れないだろう」彼は答えました。

妻は彼にすがりつきました。「ああ、行ってはいけません!」彼女は言いました。
けれど子供たちが食べ物を求めて泣き叫ぶと彼女は再び夫の元に行きました。
「子供たちが苦しんでいるのを見ていられません。」彼女はやっとのことでそれだけ言いました。
クーの神は悟りました。

 その晩、彼は彼女に、畑に出てくるように呼びました。
彼は悲しい別れを告げ、彼女が見ている前で、逆立ちをするような格好で頭から地面に沈んでいきました。
妻は悲痛な声ですすり泣きました。
毎日、彼女の涙がその場所にこぼれて落ちました。

 ついに、地面から一つの芽が出てきました。それはすくすくと育ち、やがて樹となり、葉とつぼみをつけました。
じきにつぼみは膨らみ、果実がなり、熟しました。
「これは、お父さんからの贈り物よ。」彼女は子供たちに話しました。

 イムが焚かれ、熟した実が焼かれました。とてもおいしいものと分かりました。
そして今では家の中にはたくさんあり、近所のにとびとに分けてあげるのにも十分なほどになりました。
しかし、クーの家族だけしかその実を摘むことはできませんでした。
他の誰かが取ろうとするt、樹は後ずさりして地面に隠れてしまうのでした。

 芽が現れると、家族はそれを摘み取って、友達や近所の人々に持っていってやりました。
「これを植えなさい」彼らはそう言いました。「そうすれば、あなたのところにも食べ物が実りますよ」。
そうやって、パンノキは、ハワイ島中に広がったのでした。

とまあ、なんとも、すてきなお話。このパンの木は一本あれば、一生まかなえるといわれるほど。
家族を思ってパンの木になったクーにも感動。そして、あたらしくはえた芽をみんなに分けてあげたこの家族のアロハスピリットにも感動。

うちのパンの木もちひろちゃんからのアロハなギフトです。大事にしまーす。
私のパンの木のベットカバーもちょっとづつ進んでまーす。Img_0354

ランキング上がってきました〜、ありがとうございます!

ポチッとクリック応援お願いしまーす。

アロハボイス☆ハワイ
からブログの人気ランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ ハワイ島に来たいなぁって思ってる方、我が家のお部屋をお貸ししていますので、興味があったらご連絡ください。日本語で、安心。いろんな予約などもお手伝いできます。一緒に新しいハワイ島を発見しましょう!

ルームシェアの質問はyoko_brown@yahoo.comへ、メールでお問い合わせくださいね。Img_8581_2質問大歓迎です。お部屋の料金などはこちらから見れます。詳細の載ってる記事

パッケージをご希望の方は、ティキクリエーションへお問い合わせください。飛行機、レンタカー、ツアーなどもアレンジできます。

|

« マウイキルトショップ | トップページ | すごい取り合い »

|-神話、伝説」カテゴリの記事

コメント

素敵なお話ですね!
ハワイの神話に私はいつもうんうんと納得してしまうものが多く、
素敵だな~とこれがアロハの心なのだな~とひとりで思っています。

パンの木・・・・私も作りました。そしてまだ作っています。
実を丸くアップリケをするところが最初はちょっと難しいけれど
良い勉強となりますね!
私はパンの木を作るときはいつもこの物語を思い出しながら、
チクチクとアップリケをします。
YOKOさんは今アップリケの真っ最中ですね!
もう少しでアップリケが4分の1終了かな?
ファイト!!

投稿: マンゴーTOMOKO | 2009年1月 9日 (金) 01時26分

パンの木をファーストキルトで作って飾っておくと
その家族は一生食べ物に困らないという話もあります。
私も最初に作ったパンの木のキルトはそういう言われも考え
リビングに飾っております。
大きく立派になるといいですね、ようこさんちのお庭のパンの木。

素敵なお話ありがとうございました。

投稿: KAO | 2009年1月 9日 (金) 07時11分

私もハワイアンキルトを通じてハワイの神話オタクですがこのお話は知りませんでした。
ハワイらしいステキなお話ですね。

ハワイアンキルトをするものにとってパンの木は登竜門というか避けては通れないような・・・
でもハワイアンミュージックやフラにはあまり出てこないんですよね。
我が家にも鉢植えのパンの木がありますが冬は元気がないです。

ベッドカバーはulu柄なんですね。
私はウクレレがテーマの90in×90inを作成中です。
5月中の完成が目標です。

投稿: mogumogu | 2009年1月 9日 (金) 13時26分

素敵な話ですね
そうやってパンの木はハワイ島中に広がって行ったんだ〜
ほんとアロハスピリットだね〜

↓ようこさん、マウイにはヒルトンはないんですよ
1回目はカアナパリのちょっとお高いホテルで、2回目はキヘイのお安いコンドでした
マウイも大好きなんだけど、ヒルトンがないから、なかなか行けません。。。
ようこさんも、いつかお店見に行かないといけませんね

投稿: ごんのすけ | 2009年1月 9日 (金) 15時45分

ほんと、いいお話です~。。。
毎回毎回、見ていて 感動しています。。。
コメントできなくて ごめんね~・・・
いつも、読み逃げチックになっていますが、、、
素敵なお話 ありがとう~です。。

投稿: yuko | 2009年1月10日 (土) 04時11分

マンゴーとも子さん、ほんとにすてきなお話ですよね。
、ハワイに11年住んでいますが、ハワイ島に来てから、もっといろいろ、興味が出てきました。
もっと、お話知りたいなぁ、そして、みんなとシェアしたいなって思います。

アップリケ、8分の5くらい終わりました。
2010ねんのメリーモナークの時期にキルト展をするそうなので、それに間に合わせたいと思ってます。

投稿: ようこ | 2009年1月10日 (土) 21時22分

かおりさん、パンの木、リビングに飾ってあるんですか〜、色もかわいいし、いいですね。
いつか遊びにいって見せてもらいたいです。

投稿: ようこ | 2009年1月10日 (土) 21時23分

モグモグさん、神話オタクなんですか〜。
日本にいて、神話についてお勉強するのって大変そうですね。
ホノルルに行ったときに誰かに教えてもらったりするんですか?
最近興味を持ったので、また、モグモグさんにも喜んでもらえるような興味深いお話を紹介したいです。

ウクレレのキルトもブログにのせてます/?
また、見に行ってみますね。

投稿: ようこ | 2009年1月10日 (土) 21時26分

ごんのすけさん、やっぱりマウイにはないんですね。マウイにあったらもっと、頻繁にいけますよね。カウアイには最近ヒルトンできたんですよね。マウイも、また、いつかいきたいですけど、当分無理かなぁ?景気が回復したらですね?

投稿: ようこ | 2009年1月10日 (土) 21時29分

ゆんちゃん、こちらこそ〜、私も読んで、ポチしてそのままです。
コメントできなくてごめんね〜。

投稿: ようこ | 2009年1月10日 (土) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハワイの神話 パンの木をお庭に植えた訳:

» アロハシャツ(Aloha Shirt)について [サンサーフでご機嫌!]
アロハシャツというのは、ご存知のように、ハイビスカスやパイナップルといった植物やフラダンスを踊る女性などのトロピカルなモチーフや、浮世絵、屏風などに描かれている図柄などのオリエンタルなモチーフを、カラフルな色彩で染め上げた開襟シャツのこと。その起源については諸説あって定かではありませんが、19世紀の終わりから20世紀初頭にかけてハワイに移民した日本人が、ヨーロッパを発祥とする”パラカ”と呼ばれる開襟シャツを愛用し�... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 04時15分

« マウイキルトショップ | トップページ | すごい取り合い »