« ターキーとファブリッククリップでキルトのポーチ | トップページ | ダイエット ネネに遭遇しました。 »

日本でのイルカ大量虐殺

昨日バーバラが,パラダイスパークの崖でクジラを見たよ〜っていうので,Img_0007 見に行きましたが,残念ながらくじらさんにあえませんでした。去年も何度も行ったけど,結局,去年はワイコロアの方に行った時に見ただけで,ケアウの方では難しいなぁ〜。

でも,今年はここで見たい!

いいエクササイズなので,こーちゃんと健ちゃんとお散歩がてらしばらく崖に通いますImg_0009

そして、来年はケアラケクアに行って,野生のイルカと一緒に泳ぎたいなぁ〜なんて、ロジャーに話しをしていたら、『ねぇ、ヨウコ、日本の和歌山で毎年イルカが2万3000頭も意味もなく殺されてるって知ってる?』って聞かれたんです。

衝撃!!

『はぁ?何言ってんのパパ、日本人はクジラを食べる文化があって,クジラ漁が問題になってたけど,今は規制してるし,イルカは食べないから,殺すはずないよ〜。』って言ったらこのドキュメンタリーの映画を見せられました。

映画のタイトルはTHE COVE

このドキュメンタリー映画を,無料でネットでみれるサイトを見つけたんでリンクしておきますね。http://documentaryheaven.com/the-cove/

はじめの方は,リック オベリーさんのイルカとの関わり,の説明や,彼自身もイルカのショービジネスに関わって来たという事,そして、イルカが自殺した時に、イルカが人間ように自己を認識しているという事や,イルカすばらしく優れた生き物であるという事に気づきイルカを救うために日々世界中を飛び回っているという話していました。

最後の方は,今まで隠されて来た,和歌山県太地でのイルカの大量虐殺について,隠しカメラでその場面をとらえ、海が血に染まっていく画像が紹介されています。

血に染まる海,涙が出ました。0907083518637a5s

クジラを食べる文化,前はそれでよかったと思うけど,もっと、人間がクジラやイルカの事を知った今,文化だからだけでは片付かない問題だと思います。

でも、漁師さんもお金稼がないと生きていけないしっていう、いい訳も考えたんですが、、映画の中で,”年間イルカを捕獲、虐殺する事によって、稼げるお金を保護グループが払うから、イルカを殺すのをやめて!”という交渉をしたら,返事は『お金の問題ではなくイルカを殺す事はペストコントロール(害獣駆除)なのだ。』とかえって来たそうです。

うーんやっぱり理解できない。

あーでも、漁をしてる人たちから,魚食べ尽くされたら困るって思うんだよね,したらそういう考えになっちゃうんだね。私だって頑張ってお野菜育ててたら虫がついたら駆除するもんね,虫に食べられたら大変だって思うか,,。でも、虫とイルカは違うよね、

そして、殺したイルカは食べるのかと思ったら、ほぼ,海に捨てちゃうそうです。なぜって、イルカにはすごい量の水銀が含まれてるそうです。

ショーに使えるイルカは一頭1500万円で売れ,世界中に送られて,それ以外はただただ,殺されるんだそうです。

この衝撃的なドキュメンタリーをブログで紹介するか悩んだんですけど,やっぱり,日本人として,こんなことが起きているという事を皆さんも知りたいのじゃないか?とおもいました。

漁師さんはこれが日本の文化だ!と言っているそうですが,だったら,なんで,隠す必要があるんでしょうか?日本人として,イルカを殺す事は私たちの文化だ!って本当に日本人の人は思っているんでしょうか?

捕獲中止の要望書を送ろう!というサイトがあったんで,リンクしておきますね。http://homepage1.nifty.com/IKAN/hogo/kogi/031031.html
中止されないと,毎年9月にイルカが殺され続けるそうです。

皆さん,ハワイにイルカと泳ぎに来たり,ドロフィンスイムで大金払ってプールでイルカと戯れるなら,日本にたくさんイルカがいるんだから、この入り江で,野生のイルカと泳げるプログラムとかすれば,お金儲かって地元の人たちもイルカも共存できそうなのにね。殺さないで、なんとかして欲しいって思いました。

ランキングに参加していまーす。どちらかポチッとクリックしていってくださ〜い。あなたのポチが支えになっています。。 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハワイアンキルトへ



アロハボイス☆ハワイ
からブログの人気ランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ    

|

« ターキーとファブリッククリップでキルトのポーチ | トップページ | ダイエット ネネに遭遇しました。 »

|-映画、ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

アロハ~!
そう言えば、まだ私も鯨見てないです。
もう来てますよね~。
いるかの問題、捕鯨国と保護団体との問題と同じで、色々裏もあるみたいなんです。
以前、いるか保護団体を称するアメリカ人男性が、和歌山の漁師がイルカを虐殺しているというビデオを世界に流したんですが、真相を追求したら、イルカが入らないように、網を張ってある魚場の網を彼が切って、イルカを侵入させ、それでやもなく漁師がイルカを殺しているところを撮影して、日本人はイルカを虐殺してると、流したんです。
実際、イルカはセラピーにも役立つ、ちょうど海の犬みたいな存在ですよね。
上手く、共存できる方法があったらいいのにね。
また、文化の違いもある問題で、今でも犬を食べてる国もあるわけで。。
難しいですね。
後でリンク、覗かせていただきます。

投稿: モリオリママ | 2009年12月27日 (日) 23時47分

モリオリママ,コメントありがとうございます。
ソウですよね。
問題があると、どちらにも言い分がある訳で,うまく共存、バランスをとるのって難しいですよね。
犬を食べる文化も、昔からそうして来たところにしたら普通の事だし,そうしてない国からしたら残虐だって思う訳で,本当に難しい。

投稿: ようこ | 2009年12月29日 (火) 10時08分

難しい問題だよね。。。それと、映像って作り手の意図で変わるので、安易にこの映像だけで判断できないし、プロパガンダの可能性も。ちなみに、かなり事実が捻じ曲げられてるそうで、裁判に発展したそうです。

日本人は馬を食べます。アメリカ人にとって馬は友達なので、そんなの信じられないし、日本人は野蛮人だそうです。うちの田舎は昔から馬、クジラ、サメを食べる風習のある場所です。
アメリカ人に牛食べるでしょ!って言ったら、牛は家畜だって言われたけど、その線引きって?人間ってすごく傲慢です。神のようにこの動物は知能が高いからとか、これは家畜だからとか。。。

イルカが大量にやってきて魚を食べちゃう。それは漁師さんには死活問題。じゃあ、そうなったのはなぜか?共存できないほど増える原因は?
そういう生態系全部を考えていかないと、解決しない問題なんじゃないかと思いました。

投稿: トモ | 2009年12月29日 (火) 18時07分

直接的に関わっていない第三者から観ると本当に難しい問題ですよね。お互いの事をわかった上でないと何とも言えないと言うか、、、私の地元でもイルカ漁の歴史があって問題になってます。本当に人間て勝手なのかもしれません、豚も家畜でしょうけれど名前を付けてペットにしたら???
中々解決にはほど遠い問題なのでしょうね。和歌山でもそんなことがあるとは知りませんでした。

投稿: smiCy | 2009年12月29日 (火) 20時53分

ともちゃん、そうだね、本当に難しい。
私も,豚や牛の肉を食べるので,どこまでがオッケーでどこまでがだめなの?っていうのは,人間が勝手に決めて傲慢だね。
生態系を全部変えないと解決しない問題かぁ〜、。
確かに最終的にはそういう事かもね。
でも、イルカをあんな風にしてるの見たら,生態系を変えるのはめちゃ難しいけど,イルカを殺すのやめるのは人間次第ですぐにできそうって思っちゃうね。
手遅れになる前に,みんなが納得いく方法で,問題解決して欲しいと思いました。

問題がある時は両方に言い分があるわけで,日本での考え方は,日本のみんなは知ってるわけだから,この映像をみて、同じ問題に対して,保護団体はどう思ってるかっていうのが少しわかるといいね。

プロテアの写真ありがとう。木に咲いてるプロテアってすごく神秘的だね。つぼみもきれいでした。

投稿: ようこ | 2009年12月30日 (水) 08時13分

smiCyさん、smiCyさんの地元でも,ソウなんですね。
私は山の方で育ったんで,海の方の事はしらなくって、日本で、イルカ漁がある事とか知らなかったんですよ〜。
豚だってペットとして飼ってる人いますよね。じゃあ、可哀想だから豚食べないでってなったら、大変ですよね。
本当にむずかしい。

このドキュメンタリー見てショックを受けたんで,ただ、みんなにも見てもらいたいって思いました。

投稿: ようこ | 2009年12月30日 (水) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターキーとファブリッククリップでキルトのポーチ | トップページ | ダイエット ネネに遭遇しました。 »