« お寺のミルクブレッド | トップページ | 溶岩マップとアパパネキルト »

5/25/18 地熱発電所




ついに地熱発電所PGVの方へ溶岩が流れています。
写真の下方にフィシャー(噴火をしている亀裂)があって、写真の上の方へ向かって溶岩が流れています。

緑の屋根が見えているのがPGVです。

このPGVに溶岩が到達して、地中奥深くまで掘った井戸から危険な有毒ガスが放出されると地元住民にとって大変なことになるそうです。近く1.6マイルくらいのところに住んでいる人は被害に遭う可能性があるそうです。

最初5月5日のミーティングで住民が可燃性の薬品ペンタンについて聞いた時に、地熱発電所の人は、大丈夫 安全な場所にペンタンは保管してあります。って言ったけど、本当はまだPGVの敷地内にあって、数日してから結局シップマンズビジネスパークにペンタンを移動させて今はオアフにあるそうです。

地熱発電の井戸も最初4つある井戸を全てしめたので大丈夫って言っていたと思ったら、4つ中3つは安全な状態って言っていて、まただいぶ経った後から実は11個中10個はquenched(急冷してある、鎮めてある)したから大丈夫と発表していました。

そんなんで大丈夫かいな?
なんとなく 安心できません。

何度も言いますが、これはハワイ島のプナ地区の一部で起きていることなので、地熱発電所のガスや赤い溶岩が観光客の方に被害を与えることはありません。でも、噴火しているすぐそばの住民にとっては大変な出来事です。

とにかくみんな心配しているようですが、何事もないことを願っています。

心配しすぎという人と、心配しなさすぎという人がいて、みんなの意見の違いが興味深いです。

英語でプナジオサーマルベンチャーについて書いている記事がありますので、リンクしておきます。


https://medium.com/@wolfofjournalism/madam-pele-erupts-combating-geothermal-corruption-in-hawaii-6a9562bfba77







↓↓クリックお願いします♥



にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハワイアンキルトへ






 



|

« お寺のミルクブレッド | トップページ | 溶岩マップとアパパネキルト »

|-キラウエア火山」カテゴリの記事