« レイラニエステーツの溶岩 | トップページ | ナショナルパーク閉鎖 »

カラパナ行き道路閉鎖

パホアからカラパナ方面へ行く道に大きなひび割れが出ていて、車でその割れ目を渡れないくらい大きくなっているそうです。

今道路閉鎖されているとの事です。




赤い点のところが溶岩が吹き出ている場所です。

そして黄色いところがイーストリフトゾーンという溶岩が流れやすい場所で パホアからカラパナへの道もこの黄色のゾーンに入っています。

すごい量の熱い溶岩がその道路や住宅の下を流れているのです。

ハワイ島では家を買う時にラバゾーンというものがあって、溶岩が流れる可能性のある順に数字が付いています。

ラバゾーン1

の部分を見ると今溶岩が流れている場所に当たります。




被害が広がってきて避難している人も増えて悲しいです。

でもハワイ島で溶岩が噴火していると言っても、ハワイ島全体が噴火してるわけではなく東の方の一部なので、それ以外の場所の観光を予定されている方はそんなに心配しなくて大丈夫だと思います。

フェイスブックのアメリカ本土の人たちやハワイ島に来た事ない人のコメントだと

その島からすぐ逃げてー
とか
船や飛行機で住民を避難させろー
みたいなコメントがありますが、そう言う必要はないです。

ハワイ島は四国の半分くらいある大きな島で、プナ地区で溶岩が噴火しているとはいえ、ケアアウや、ヒロに少し行くだけでも溶岩の被害からは逃れられますので大丈夫です。






↓↓クリックお願いします♥



にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハワイアンキルトへ






 



|

« レイラニエステーツの溶岩 | トップページ | ナショナルパーク閉鎖 »

♥ハワイ島 住民情報」カテゴリの記事